精美の映画ブログ!「続・ボラット」娘役女優、A24新作で映画初主演

映画.COM             4/12(月) 11:00


ダウンロード (2).jpg

 「ムーンライト」や「レディ・バード」「フェアウェル」などの話題作を連発しているA24の新作「Bodies, Bodies, Bodies(原題)」に、「続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画」で米アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたマリア・バカローバが主演を務めることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

 詳しい内容は不明だが、“秘密のスラッシャー映画”とのことで、オランダの女優で監督のハリナ・ラインがメガホンをとる。

 ブルガリア出身の女優であるバカローバは、オーディションを経て「続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画」でサシャ・バロン・コーエン演じるボラットの娘トゥーター役に大抜てき。アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。「Bodies, Bodies, Bodies(原題)」は、バカローバ初の主演映画となる。

 「Bodies, Bodies, Bodies(原題)」には、「ヘイト・ユー・ギブ」のアマンドラ・ステンバーグの出演が決まっているほか、ピート・デビッドソン(「セットアップ ウソつきは恋のはじまり」)、マイハラ・ヘロルド(「インダストリー」)が出演交渉を行っているという。

 なお、A24は2012年に設立された新興スタジオで、卓越したセンスとSNSを駆使したマーケティング戦術で知られている。最新作は、ブラッド・ピットの製作会社プランBが製作した「ミナリ」(リー・アイザック・チョン監督)で、アカデミー賞の作品賞候補になっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント